石川 紗良

育児と仕事を両立できるワークスタイルが魅力

マーケティング部 プロモーションチーム
石川 紗良

好きな作品
「セーラームーン」「コードギアス」

高校卒

ショップスタッフからキャリアをスタートし、アパレルのECサイト運営を経て、アニウェアの初期メンバーとなった石川。その後、産休・育休を経て2017年に復帰を果たしました。働くママとして活躍する彼女は現在、アニウェアの新しい宣伝施策を牽引しています。ブランド『SuperGroupies』のプロモーション担当として働く魅力とは何か?「働き方」を変えた彼女の目線から解き明かします。

ショップスタッフからキャリアをスタートし、アパレルのECサイト運営を経て、アニウェアの初期メンバーとなった石川。その後、産休・育休を経て2017年に復帰を果たしました。働くママとして活躍する彼女は現在、アニウェアの新しい宣伝施策を牽引しています。ブランド『SuperGroupies』のプロモーション担当として働く魅力とは何か?「働き方」を変えた彼女の目線から解き明かします。

アニウェアの世界観をビジュアル面で魅せる仕事

アニウェアとの出会いを教えて下さい。

私とアニウェアの出会いは、『SuperGroupies』の前身であるブランド『2PMWORKS』を立ち上げる時期でした。元々、私がアニメとファッションが好きだったこともあり、これはすごく面白いなと思って入社したんです。ただ、アニウェアが設立してちょっとしてから産休に入りまして。在籍期間は4年ですが、実際に働いている期間は2年半くらいなんです。

戻ってきたアニウェアはいかがでしたか?

すごく変わっていましたね。人数は倍以上になっていましたし、情報発信の頻度もすごく増えていましたし。すごく成長したな~という印象でした。

現在のお仕事内容を教えて下さい。

アニウェアはYouTubeで『アニメバウンド』というチャンネルを2018年に開設しました。私はそこで配信する動画の撮影やディレクションを担当しています。スマホ最適化を見越して、縦型動画にしてみたり。アニウェアのお客様も商品をご購入されるのはスマホが大半ですので、スマホに特化した形の動画を制作しています。

他にもブログメディア“SuperGroupies magazine”の記事制作や『SuperGroupies』の商品を撮影する際のディレクションも担当しています。

現在携わっている『アニメバウンド』についてお聞きしたいです。

『アニメバウンド』はアニメキャラクターの服装を連想させるコーディネートを指す造語なんです。(※『アニメバウンド』についてはこちら)コスプレまではいかないんですけど、色合いやシルエットを似せて「っぽいね!」って言われるようなファッション。街で着れるコーディネートの中にアニメっぽさを取り入れているイメージです。

実際に『アニメバウンド』をスタートしてみていかがですか?

“SuperGroupies magazine”で発信した記事で『刀剣乱舞-ON LINE-』のコーディネートを作った時に、モデルさんの写真を元にお客様がイラストを書いてくださったんです。それを『Twitter』にポストしていただいたんですが、反響が凄かったですね。

それは嬉しいですね。

そうなんです!凄い嬉しかったですね。そういった反響をいただいて、私たちの商品がより多くのお客様に広がっていくのはすごくやり甲斐あります。

ちなみに動画は『YouTube』だけじゃなくて、『Tik Tok』と『musical.ly』でも配信したりしているんです。まだまだ始めたばかりなので、これからコンテンツを増やしていきたいですね。

他にも画像や映像など『SuperGroupies』の商品全体のビジュアルに携わられているんですね。

そうですね。商品情報を発信するためのビジュアル作り全般に携わっています。商品サンプルが出来上がった時点で、ロケハンに行ったり、スタジオを抑えたり、モデルさんやメイクさんを手配したり。加えてコーディネートも考えてみたりと。『SuperGroupies』の世界観をビジュアル面で魅せるのが私の仕事です。

産休に入る前はWebプロモーションも担当していたのですが、復帰後は撮影とアニメバウンド施策にフォーカスすることになりました。

『SuperGroupies』のプロモーション担当として働く魅力はどんなところでしょう?

1つひとつの施策に反響があることですね。「このコーデ可愛い!」とか“SuperGroupies magazine”の記事がバズったりとか。達成感もありますし、もっと良い企画を出したい!ってなりますね。

ライフスタイルに合った働き方を実現

産休を経て、アニウェアに復帰していますが、実際に子育てをしながらアニウェアで働いてみていかがですか?

保育園のお迎えがあるので、直行・直帰が多いですね。裁量労働制は私に合っていて、とても働きやすいなって感じています。子供の保育園が18時にお迎えなので、朝少し早めに出社して仕事をしたりとか。

子どもの体調が優れない時や時間的に厳しい時は自宅作業をしている時も多いですよ。会社にいなくても働くことができる環境を作っていただけているのは、すごく嬉しいですね。移動時間を少なくすることで、決められた時間内全で集中できているというか。

定められた時間の中で効率的に働くことができている、と。

そうですね。例えば、撮影やロケハンが終わった後って、会社に戻ることもできるんですよ。ただ、会社に戻ってから保育園のお迎えに行くって時間的に勿体無いじゃないですか?だったら、そのまま外や自宅で仕事をした方が効率的ですよね?そういった働き方が推奨されているので、私は成果の出せる働き方ができているんだって思います。

「カードキャプターさくら」のコラボドライヤーを企画

子育てと仕事を両立できているのは素晴らしいですね。では、アニウェアという会社で働く魅力はどんなところでしょう?

やっぱり、好きなことが仕事になっている点が大きいです。アニメとファッションに携われる仕事ってあんまり多くないですから。もしも、アニメもファッションもそんなに好きじゃなかったら、ここまで頑張れないなって思うくらいですし。

でも、好きな業界だけど続かない方もいらっしゃいますよね?

やりたいこととできることって違うと思うんです。例えば、商品企画がやってみたいけど自分にできることは良い写真を撮って商品の魅力をPRすることだったり。でもアニウェアは商品企画のポジションじゃなくても提案はできるし、自分に任せられた仕事にきっちり取り組んでいれば、他にもやりたいことをどんどんやらせてもらえるんです。そこが大きいのかな。自分が頭に描いたモノが実現した時はやっぱり嬉しいですよ。そういった魅力もあります。

自身が企画して発売された商品はありますか?

「カードキャプターさくら」コラボのドライヤーですね。入社する以前からああいったアイテムが欲しいなって思っていたんです。

企画を出した時は皆から「これ売れるの?」みたいな感じだったんですけど、私の思いが強くて(笑)。社内でアタックを続けた結果、商品化になりました。

私の復帰前に発売したのですが、完売という結果になっていたんです。これは嬉しかったですね。多分『Twitter』でも今までで一番バズった商材になったと思います。

それは嬉しいですね。では、今後の目標を聞かせて下さい。

『アニメバウンド』を成功させることです。私最近、これしか考えてないんですよ。『アニメバウンド』の成功ってこういったカルチャーが広がって、体験する方が増えることだと思っていて。『Twitter』や『Instagram』で『アニメバウンド』って検索したらたくさん画像が出てくるとか。そういった文化を作っていきます!

転職者へのメッセージ

自分のやりたいことを本気になれば実現できる会社だと思います。私もプロモーションというポジションでしたが、さくらちゃんのドライヤーを作ってみたりできたので。本当にこれがやりたい!って、強い思いがある方がアニウェアに向いていると思いますね。ただなんとなくやってみたい・・・だと、厳しいかもしれません(笑)。

岡崎 洋平
プロダクト部 岡崎 洋平
日下部 真椰
マーケティング部 日下部 真椰
一覧に戻る

募集要項

現在募集中の職種一覧

福利厚生

働く環境について

エントリー

aniware採用エントリー